ホーム > 入れ歯

入れ歯

痛みが少ない、しっかり噛める義歯を目指して

痛みが少ない、しっかり噛める義歯を目指して

入れ歯と一口に言っても、総義歯や部分義歯といった形状から、金属床、プラスティック、シリコンと素材もさまざま。
一人おひとりの悩みに向き合い、美しく快適な口腔環境をつくります

お一人おひとりの悩みに向き合い、美しく快適な口腔環境をつくります。
入れ歯は残っている歯の状態や咬合などを踏まえ、個々に合わせてつくることが大切です。

歯茎にかける負担を軽減したり、歯を支える顎の骨がすり減らないように力を分散したり、少ない力でしっかり噛めるように調整したりと、当院では入れ歯自体の力学的な設計に重きをおいて治療を行います。

入れ歯を装着してからも微調整を繰り返し、なるべく動かない、痛くならない対処を行います。

義歯の種類や特徴
金属床
  • 薄く細かくつくれるので口の中が広く感じられる
  • 食べたものの温度を伝えるので違和感が少ない
  • 丈夫で物を砕く能力が高い
  • 安定がよくなるので、しっかり噛める
セレーブデンチャー
  • 樹脂で固定するので違和感が少ない
  • 金属金具より緩みやガタつきが出にくい
  • 見た目も自然で美しい
  • 粘膜と義歯の段差が少なく、物がはさまりにくい
リンガライズド・オクルージョン
  • 噛み合わせを重視した新しい義歯用の歯
  • 臼状の下の歯がしっかりと上の歯をしっかりと受け止めるので、少ない力でしっかり噛める
  • 歯の内側で噛むので、力学的に義歯がしっかり安定する