ホーム > 一般歯科

一般歯科

なるべく痛みを抑え、安心できる治療を実現

なるべく痛みを抑え、安心できる治療を実現

虫歯の治療で心配なのが「痛み」
できるだけ治療時の痛みを軽減するために、当院では必ず塗るタイプの表面麻酔を使用しています

できるだけ治療時の痛みを軽減するために、当院では必ず塗るタイプの表面麻酔を使用しています。
注射で麻酔をする場合でも、注射時の痛みを軽くするために細い針を使用し、ゆっくりと注入したり、一定の速さで麻酔液を注射できる電動注射を使用したりすることもあります。

また、当院では「自分の歯に勝るものはない」を治療方針の基本におき、再生療法などを取り入れることで、ご自身の歯をできる限り保存する「抜かない・削らない治療」に取り組んでいます。
もちろん、院内感染の予防に対しては、万全の対策で臨んでいます。歯を削ったりする際に飛び散る金属片や血液、細菌などの目に見えない粉塵が広がらないように、口腔外バキュームを設置しています。

虫歯を放置しておくと、その歯を失うだけでなく、隣の歯まで虫歯になってしまったり、歯根に膿がたまり蓄膿症の原因になったりすることもあるのです。

そのようなリスクを予防するためにも、患者さまが安心して通院できる院内環境づくりに取り組んでいます。