ホーム > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病は自覚症状が出にくく進行しやすい歯と歯茎の病気です

歯周病は自覚症状が出にくく進行しやすい歯と歯茎の病気です

お口の中には何億個もの多種多様な細菌が潜んでいます。
ブラッシングが不十分だったり、環境変化などで抵抗力が低下したりといったさまざまな要因で、悪性の細菌活動が活発になり、歯茎の腫れや出血などを引き起こします。これが歯周病です

ブラッシングが不十分だったり、環境変化などで抵抗力が低下したりといったさまざまな要因で、悪性の細菌活動が活発になり、歯茎の腫れや出血などを引き起こします。これが歯周病です。

歯自体で痛みを感じることはないため、異常を感じたときには、かなり進行していることが非常に多い病気です。
腫れや出血を放置しておくと、症状はさらに悪化し、歯を支える土台の骨まで溶かしてしまうこともあります。
歯周病は、歯を失う原因になるだけでなく、活発な細菌が全身に行き渡ることで、心筋梗塞や脳血管障害、糖尿病、早産などの疾患にも影響を与えるといわれています。

「歯」だけにとどまらない病気として、早めのケアが必要になります。

歯周病は治療と予防が可能です

恐ろしい歯周病も、予防と治療が可能な病気です。
その歯周病対策の基本は、毎日の正しいブラッシングと、細菌のすみかとなってしまう歯石の除去にあります

その歯周病対策の基本は、毎日の正しいブラッシングと、細菌のすみかとなってしまう歯石の除去にあります。

当院では、患者さま一人ひとりの歯の状態や日頃の磨き方に合わせて、3名の歯科衛生士が丁寧にブラッシング指導を行います。
日常のブラッシングでは除去しにくい、歯の裏や根元に付着した歯石も、痛みに配慮しながら丁寧に除去してまいります。
症状が骨にまで進行している場合には、歯肉の切開などを行い、根本から治療いたします。

失われてしまった骨を完全に元通りに戻すことはできませんが、骨の再生療法で歯の土台となる骨を強くすることで、ご自身の歯を積極的に温存する治療を行います。